岡山県倉敷市玉島の歯科医院

井出歯科医院のロゴ
086-528-2500
9:00-13:00/14:30-19:00
(休診日:水・日・祝)

院長ごあいさつ

人と人とのつながりを大切に
あなたの希望を第一に考えた
治療法を考えます

井手歯科医院 院長
井手 滋人

私が歯科医師を目指したのは、親から勧められたからというのが正直なところです。

お恥ずかしい話ですが、高校生の頃の私は特になりたい職業や目標があったわけではありませんでした。そこで、親からの勧めといとこも歯科医師だったためにイメージしやすい職業という理由から、歯学部への進学を決めました。

そのようなあいまいな動機で歯学部に進学したこともあり、学生時代はあまり勉強にも身が入らず… お世辞にも勤勉な学生とは言えない学生生活でしたが、そんな私もなんとか無事に国家試験にも合格することができ、歯科医師としての生活をスタートします。

歯科医師になって最初に勤務したのが、岡山大学病院です。そこで、私は大きな挫折を味わうことになります。自分があまりにも何もできないという現実を味わうことになるのです。

中でもショックだったのは、歯の神経を取る処置が上手にできなかったことです。先輩の先生方に助けてもらって治療は何とか進めることができましたが、あまりにもできない自分に対して、心の底から腹立たしく思った瞬間です。

このときから、私はようやく歯科医師としての勉強に本気で取り組むようになりました。気づくのが遅すぎましたが、それまでの遅れを取り戻すべく、必死になって勉強しました。

ただ、私にはどうしても失敗に対する恐怖心がつきまといました。患者さんを目の前にすると、「もし失敗したら…」という恐怖心におびえてしまい、自信を持って患者さんに接することができずにいたのです。

医療というのは失敗が許されないのは当然なのですが、その一方で「できる!」という自信がなければ、絶対に良い治療はできません。そんな歯科医師としての根本的な部分で、私はつまずいてしまったのです。

そんなこんなで、悩み多き歯科医師としての駆け出しでしたが、私が歯科医師としてようやく自信を持つことができたのは、開業前に勤務していた当時の院長先生との出会いです。

私は今でもその先生を師匠と仰ぎ尊敬しているのですが、いつもガチガチに緊張しながら治療に取り組んでいる私に対して、師匠はこう言ったのです。

「歯科医師の仕事というのは、口だけが上手でもできないし、技術だけが上手でもできない仕事だよ。患者さんとの十分なコミュニケーションと患者さんの期待に応えられるだけの技術を身につけていきなさい。」

この言葉を聞いて、私は肩の力がスッと抜けていくことを感じました。学生時代からあまり勉強してこなかったという劣等感から、ずっと100点満点の治療をしたいと思って肩肘を張った仕事の仕方をしてきたことに気づいたのです。

つまり、本当の良い治療というのは、患者さんの希望を実現することにあるのだということ。そして、歯科医師の仕事というのは、自分の持つ技術を見せつけることではなく、患者さんの希望を実現するために自分の持つ技術を使うことなのだと。そのことに気づいたのです。

実は、この勤務医時代のさまざま経験が、井手歯科医院の診療方針の礎になっています。

患者さんの望む理想の姿というのは、人それぞれです。だから、あなたにはあなたの望む理想があるはずです。そして、あなたの理想を実現するために最善を尽くすことが私の使命だと考えています。

だから、私はまずあなたのお話をじっくり聴かせていただきます。あなたが抱えるお悩みをきちんと理解し、そしてそのお悩みをきちんと解決できるような治療計画を提案します。

歯科治療というのは、歯科医師が一方的に押し付けるものではありません。患者さんのお悩みを理解し、そのお悩みを解決するために歯科医師と患者さんが一緒に取り組んでいくのが本来の歯科治療です。

医療として正しいという杓子定規な価値観で考えるのではなく、できるだけあなたの希望を実現できるように、あなたにピッタリ合った治療をすることが私の仕事です。ですから、私はあなたの希望に沿ったオーダーメイドの治療法を提案していきたいと思っています。

そして、あなたのお悩みが解決して、あなたの最高の笑顔を見ることができたときこそ、私にとって最高に嬉しい瞬間です。

そんなあなたの最高の笑顔を見たいから、私はこれからもお話をきちんと聴くことから始める「人と人とのつながりを大事にした歯科医療」を追求していきたいと思います。

そんな私なので、最新技術を使った派手な治療をすることは少ないかもしれません。でも、患者さんの希望を実現することができるのであれば、基本に忠実な治療のほうが良いと思いますし、患者さんの希望を第一にという方針はこれからも変わることはありません。

そんな地味な私ではありますが、ご来院いただく患者さんおひとりおひとりとの「つながり」を大切にして、あなたの人生のお役に立てる歯科医療を提供していきたいと思います。