岡山県倉敷市玉島の歯科医院

井出歯科医院のロゴ
086-528-2500
9:00-13:00/14:30-19:00
(休診日:水・日・祝)

小児歯科

お子さんの治療で大切なこと

小児治療で最も大切なことは、お子さんにとって歯科治療が「イヤな経験」として記憶に残らないようにすることです。

とくに、初めての歯科治療の経験がイヤな経験としてインプットされると、歯医者さんに行くことができなくなってしまいます。逆に、ポジティブな印象を持ってもらうことができれば、お子さんは歯医者さんを「気軽に行ける場所」と認識してくれます。

お子さんが歯医者さんをどういう場所と考えるようになるのか?

それによって、歯科治療の結果も変わってきますし、将来的にわたって続けていく歯とお口の健康を守っていく予防の取り組み方も変わってきます。

ですから、当院ではお子さんの感情や意思を尊重した治療を行っています。無理やり押さえつけて治療を行うようなことは、よほど緊急性のある状態の場合を除いて一切ありません。お子さんが自分の意思で治療をしたいと思うときまで、根気よく取り組んでいきます。

どんなに歯医者さんが苦手だというお子さんでも、根気強く向き合っていくうちに治療用のイスにも座れるようになりますし、自分から口を開けてくれるようになるものです。歯医者さんにイヤな感情さえ持たせなければ、いつか必ずできるようになります。

ただし、そこまでに時間がかかるお子さんもいるのは事実です。とはいえ、お子さんがこれから一生使い続けていく大切な歯の問題ですから、私たちも保護者の方も根気よくお子さんに向き合っていくことが大事だと考えています。

他の歯医者さんでは
ダメだったお子さんも
まず一度ご来院ください

このような方針で小児治療に取り組んでいるため、子どもが嫌がったとしても無理やり治療して欲しいというご希望をお持ちの保護者の方には、当院の小児治療は合わないかもしれません。

しかしながら、多少は時間がかかったとしても、お子さんが自主的に歯医者さんに通ってくれるようになることを望んでいらっしゃる保護者の方にとっては、当院で小児治療を受けていただくメリットは大きいと考えています。

というのも、歯医者さんに行くことを嫌がるお子さんを毎回のように説き伏せながら歯医者さんに連れて行く、ということが必要なくなるからです。

「歯医者さんに行くよ!」と言うと、お子さんが喜んでついてきてくれるようになれば、保護者の方はとても楽だと思います。

中には、ほかの歯医者さんに連れて行ったときに、大泣きしてしまい治療が全然できなかったというお子さんもいると思いますが、そのようなお子さんでも何も問題ありません。

そのようなお子さんでも、みんな何度か通院しているうちに治療ができるようになっていますので、まずは一度ご来院ください。

“小児治療”も
患者さんの希望を第一に

たとえ子どもであっても、自分の感情や意思を持っています。その日の体調や気分もあるでしょうし、反抗期などの時期的な要因もあると思います。ですから、お子さん本人の感情に寄り添い、本人の意思を確認しながら治療に取り組むことが大切です。

よく考えてみれば、初めて会った知らないオジサンが何だかよく分からない道具を持って自分に迫ってくる光景を考えたら、子どもたちが怖がるのは当然です。そういうことを理解して、お子さん本人の目線で物事を考えることが、小児治療で最も大切なことです。

お子さんにとって歯科治療が「イヤな経験」とならないように、1人1人のお子さんに合わせた治療の進め方はもちろん、そのときそのときのお子さんの気持ちに寄り添って治療を進めてまいります。

お子さんの自主性を大切にした治療を望む保護者の方はもちろん、歯医者さんが苦手なお子さんにお困りの保護者の方も、まずは気軽にご来院ください。